Amazonブラックフライデー iPad関連製品まとめはこちら

【悲報】Apple製品の値上げが止まらない!今iPadを買うのは待つべき?【円安】

Apple 値上げ

2022年7月1日、Apple公式オンラインストアで多くの製品が大幅に値上げされました。

さらに10月19日には新型iPadの発表と同時に、再び既存のモデルの値上げが行われました。

本記事ではApple製品の中でも特にiPadの値上げについて整理し、今後iPadの購入を検討している方がどう対応したら良いのか、筆者の考えを述べようと思います。

目次

円安の影響でApple製品の値上げが止まらない

歴史的な円安の影響が、ついにApple製品にも及んでしまいました。

2022年7月1日、Apple公式オンラインストアではiPadをはじめ、iPhone、AirPods、Apple Watchなどの製品の価格が改定され、軒並み大幅な値上げとなっています。

Appleはドル円レートに合わせて日本での販売価格を調整しているため、これまでにも円安によるとみられる値上げはありましたが、ここまで大幅な値上げは初めてです。

さらに、10月19日には新型のiPad ProとiPad(第10世代)の発表と同時に、iPad Air、iPad miniの値上げが行われました。

価格改定前後のiPadの価格一覧

具体的にどれくらい値上がりしたのかを、下の表にまとめました。

スクロールできます
機種〜6/307/1〜10/1810/19〜
iPad(第9世代)64GB¥39,800¥49,800¥49,800
iPad Air(第5世代)64GB¥74,800¥84,800¥92,800
iPad mini(第6世代)64GB¥59,800¥72,800¥78,800
iPad Pro(11インチ)128GB¥94,800¥117,800(¥124,800)※
iPad Pro(12.9インチ)128GB¥129,800¥159,800(¥172.800)※
価格改定前後のiPadの価格(容量は最小構成、Wi-fiモデル)
※iPad Proは10/19に新モデルに置き換え

どの機種も6/30以前の価格と比べると25%以上高くなっており、かなりの値上げ幅であることがわかります。

ドル円レートによってiPadの価格はどう変わる?

iPad Airを例に、ドル円レートとiPadの価格推移をまとめました。

スクロールできます
2020年10月2022年3月2022年7月2022年10月
iPad Airの世代第4世代第5世代第5世代第5世代
発売/価格変更発売発売価格変更価格変更
日本での販売価格69,080円74,800円84,800円92,800円
米国での販売価格599ドル599ドル599ドル599ドル
ドル円レート1ドル105円前後1ドル118円前後1ドル135円前後1ドル149円前後

円安が進行するにつれて、日本での販売価格はどんどん上昇しています。

一方、米国での販売価格は、2020年10月のiPad Air第4世代発売から599ドルで据え置きで、現在のiPadの値上げの原因が円安によるものであることがはっきりと見てとれます。

今iPadを買うのは待つべき?

必要なときが買い時

これだけ値上がりしてしまうと、iPadなどApple製品の購入を躊躇してしまいますよね。

円安が現在ピークで、今後円高方向にシフトしていくとすれば、「もう少し待って円安が落ち着いてから買おう」というのも1つの手です。

しかし、例えば「これからiPadを買って勉強に取り組もう」など、今現在iPadが必要な方にとっては、待っている時間が大きな機会損失になってしまうと思います。

仮に1年後に円安が落ち着いて値段が下がるとすれば、今iPadを購入するのは割高になってしまいますが、1年間iPadを使って勉強したりスキルを身に付けたりできる価値を考えれば、今購入するのが間違いとは言えません。

よく言われることですが、Apple製品は必要なときが買い時です

購入価格だけでなく、自分にとってその製品が今必要なのかどうかをしっかり考えて購入を検討すると後悔がないと思います。

円安がいつまで続くかは誰にもわからない

これまで円安がそのうち落ち着くという前提で話してきましたが、円安がいつまで続くのかは誰にもわかりません

為替は世界情勢や政府の政策に大きく左右されるので、急に円安が収まる可能性もあれば、このまま円安が続いていく可能性も否定できません。

えぬ

仮にこのまま円安が進むと、価格はさらに上がる可能性があるので、今買ってしまうのが結果的にお得ということになりますね。

結局のところ、為替の動きを予測することは誰にもできないので、「円安が落ち着くまで待とう」と考えていると、いつまで経っても買えない可能性もあります。

2022年10月、24年ぶりに1ドル149円を突破しました。

しばらくは円安の流れは収まりそうにないですね。。。

型落ちモデルも含めて自分の用途に合ったスペックのモデルを購入しよう

それでも、中身が全く同じにも関わらず値上がりした製品を買うというのは、心理的に抵抗があるという方が大半だと思います。

そこで、型落ちモデルを購入すると言うのも1つの手です

iPadに関しては数年前からタブレットとしての機能はほぼほぼ完成しており、型落ちのモデルであっても十分に使えます。

自分の用途に合わせて必要十分なモデルを購入することで、購入価格を抑えることも、今後重要になってくると思います

>>【2022年最新】型落ちiPadの選び方【おすすめ機種は?】

あわせて読みたい
【2022年】失敗しない!型落ちiPadの選び方【狙い目のおすすめ機種を紹介】 円安によってiPadが値上がりしてしまったことで、「型落ちモデルなら安く買えるんじゃない?」と考えた方もいるのではないでしょうか。 結論としては、型落ちiPadはこれ...
えぬ

特にAmazonで売られている型落ちモデル(整備済み品)はお得に買えることがあるのでおすすめです!

値上げの影響を受けてか、型落ちモデルは現在品薄となっているようです。入荷状況をこまめにチェックして、安く売られているのを見つけたら早めに購入しておくことをおすすめします

まとめ

本記事では円安によるApple製品の値上げについて、iPadを中心に解説しました。

Apple信者の筆者としても、思っていた以上の値上げだったので正直ショックですが、為替の動きは誰にも読めないので、「自分にとってApple製品が必要なタイミング」をよく考えて購入することが、価格の上下に惑わされないコツかと思います。

また、型落ちモデルなども含めて、自分の用途に合ったスペックのモデルを購入するというのも重要です。

今まで以上に、「自分に合ったiPad(Apple製品)選び」が重要になってくるのではないかと思います。

あわせて読みたい
Apple PencilもMagic Keyboardも値上げ!おすすめの代替品は? 2022年7月1日に、Apple公式オンラインストアで多くの製品が大幅に値上げされました。 iPad本体はもちろん、Apple PencilやMagic Keyboardなどの周辺機器についても、軒...
ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次